HOME > 星読み師★takaからのメッセージ

星読み師★takaからのメッセージ

taka.jpg

占いとは、秘密のベールに包まれていたことを、こっそりのぞくようなもの。
どんな悩みでも、すべて自分で解決できます。

占い師は、その方法を教えるだけ。

占いはある意味、残酷なもの。なぜなら……
親友との決別、家族との離反、恋人との別れなど、
その時期や理由が分かってしまうから。

知らないほうが良いことも多いので、そのさじ加減ができるのが有能な占い師だと 考えています。

しかし逆を言えば、不幸の理由や原因もはっきりとわかります。

彼がなぜ小心者なのか、なぜ嫉妬するのか、なぜ病気がちなのか、
なぜ仕事が続かないのか……

それらは、すべて紫微斗数や四柱推命などの高等運命学によって解明できるのです。

しかし占い師は、技術者ではありません。
専門業のようで専門業ではないのです。

占い師は接客業であり、そして運命の教育者なのです。

接客と教育というのは、なかなかミスマッチで、この両面を体得するには、
それなりの高度なノウハウが必要になります。

ぼくはそのノウハウを経験と研究によって確立しました。

お弟子さんたちは、全国に数百人いますが、そのなかでも、とくに優秀で、
性格にブレがない人材を集め『ほしよみ堂』を立ち上げました。

どんなに占いの知識が高くても、約束が守れなかったり、
人の心を傷つけても知らんぷりしているような性格では、占い師としては失格です。

占い師といえども人間です。
人としてどう生きているかが肝腎なのです。

その点を吟味し、きびしい審査に合格した数少ない占い師が、ほしよみ堂に待機しています。

tiwtter かならずご満足いただけることでしょう。
ご来店、心よりお待ちしております。

星読み師★taka(中島多加仁)

星読み師★taka【本名:中島多加仁(なかしま たかひと)】

ちょい足し風水表紙 (114x160).jpg

1970年3月26日、霊学家の家系に生を受ける。
20才のとき大事故を起こし、それをきっかけに運命論に目覚め、霊術修行に入る。
隔離された環境で3年間、陰陽道と古神道を学ぶ。
23才、開運アドバイザーを開業。都内を中心に名古屋、京都、広島でワークショップを定期開催。
30才、古着屋を数店経営しながら経営コンサルタント業を始める。
33才で原宿に土地を購入し自社ビルを建設。ヴィンテージショップを開業。
その後、東海林秀樹先生に師事し、台湾の本格占術を学ぶ。
以来、鑑定が入っていない日は年に5日程度。

主な著書に『紫微斗数占い入門』(幻冬舎)、『ちょい足し風水』(扶桑社)、『しあわせになる恋の法則』『紫微斗数タロット占術』(宮帯出版)、『天津金木占術奥義』(東洋書院)など。

◆得意な占術
命術:紫微斗数、四柱推命、カバラ数秘術
卜術:六壬神課、タロット、周易、断易、気学四盤掛、天津金木
相術:姓名判断、風水、家相、地相、墓相、名刺相

>>星読み師☆takaの癒し系占い部屋

このページのトップへ